2016/11/26 ドリームオデッセイバトルファイナル初戦

最初にこれだけは言っておきたい!

「ドリームオデッセイバトルは戦争じゃありません!
勝ち負けよりも大事なものがあるはずです!」

バトルが終わった日曜、月曜。普段よりも多くの人がこのブログに足を運んでくれたにも関わらず、事前に書いたくそみたいなジャパンカップの予想しかUPされてなくて誠に申し訳ありませんでした。
色々な巡り合わせの悪さにメンタルやられてまして……
とは言え、自分のブログを楽しみにしてくれてる方もきっといると思うので、ファイナル初戦を振り返っていきたいと思います。

(こらそこ、誰もいないとか突っ込まない!
モチベなくなんだろうがw)

<2:51>


砦優勢から中央に進むと右上が早速赤城で行き詰まる。それ以外は特に悩む事もないオーソドックスな配置の中を進んでいくと

<2:24>


いつの間にかダブルスコアに。
赤城の先攻めはそこまで考えていなかったのだが、いかんせん入る相手の城がなく仕方なしにといった感じ。

<2:12>


自国の禁止GAVIALが禁止とはいえRAVENになって返ってくる。
そして、そのプレーヤーはその足で自国の霊無しWHALEに。
おそらく、攻略時間からしてGAVIAL素手でクリアできたんで、回したんでしょうけど、RAVENになってはさすがに大損。
この時間で霊無しWHALEに攻めてくる意味も不明で、これが高名な相手軍師の策略なのかと疑問符が付く。

<1:36>


自国は霊無し多発に苦しむも、視界確保の為か相手は残さず攻めてくる。
相手はOKAYAMAを変更する等、定石ハズレの手を用いてくるが戦況はほぼほぼモグラ叩きに。攻める城がなくなり、中立を広げつつ、隙を作らないように立ち回る。

<1:17>


自国は霊無しを大量に抱えてしまうが点差は終始ダブルスコア。戦前、誰がこんな戦いになる事を予想しただろうか?

<1:07>


相手赤オーブ発動。するも、相手から見て一番入りたかったであろう自国の霊無しPROUDは視界がない為攻められず。

<0:45>


この場面で、相手国が投了。
この時点で、相手国の保有が
霊有りとはいえ、RAVENとVAST
それに霊無し赤オーブのWHALE
おそらく直前に占領したPUMAが霊無しだったのを見ての投了だったのではないかと思います。

<結果発表>


あえて、残りの45分の間に何があったかは語りませんが、そういうレベルの戦いだったという事かなぁと思います。

一週間後には、もう次の戦いが迫っている訳ですから、無理矢理にでも気持ちを切り換えていくしかないと思ってます。

そして、次戦。
Aグルは大和も大宮も消化試合で、港北には大和から傭兵部隊が投入されるであろうというのがもっぱらの噂。
なんという間の悪さorz
加えて栗橋戦に助っ人で出ていた橋本勢もリベンジに来るとか来ないとかで、相手は関東オールスターで挑んでくる様相だとか……
もうなんていうかねw
面子的にもそうだし、物量的にも相手国は前回通信エラーでほとんど使ってないのに、自国はムダ使いまでさせられていて、全てが不利な方向に……
流石にこれは無理ゲーでしょっていうのが正直なところです。

そんなボヤキが出たところで土曜日はもう目の前。
「勝ち負けよりも大事なもの」を求めて頑張ります!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます