ちょっと前に東京駅で

だから嫌な予感はしてたんですよ。

私はちょっと急いでたんですけど、東京駅でSuicaにチャージしようとしていたら、隣の券売機で中国系の男女が困った顔でスマホを弄ってたわけですよ。

excuse me

ほらきた。
一応言っておくと、私は日本人から見たら、そんな愛想が良さそうに見える顔はしてないわけで、道を聞かれることとか滅多にないわけですよ。
もっと言えば、こっちも旅行かばん持ってて地元民じゃないことも見ればわかりそうなもんですが、目が合ってしまったから仕方がない。
片言の英語で聞かれたのは、

キップの買い方が分からない

とのこと。しかし、券売機を見ると既にお金を投入済で、あとは金額のボタンを押すだけのところまでできている。

なんでここまでできててわからんのかがわからんわ!と心の中で突っ込みつつ、話を聞いてみると、有楽町まで行きたいけどいくらなのかがわからなかったとのこと。

なら最初からそう聞けや

という突っ込みは心の中にしまいつつ 、値段を確認しようと頭上の路線図を見上げるとまさかの英語表記。

なんのために英語表記の路線図があると思ってんだと思いましたが、めんどくさいので、金額だけ教えようと思ったら、アルファベット表記が見辛く、なかなか有楽町が見つからない……

で、私が困っていると横から別のアジア系の外国人が話し掛けてきて、助けてくれるのかと思ったら、

Suicaを買いたいんだけど、どうしたらいいのか?って

Suicaなんて学生時代に買ったのを最後に買ったことないから、買い方とか知らんし、しかも、両者は全く関係なかった模様。
両方が同時に質問してくるから、お前らちょっと待てってオーラを出すも空気読んでくれない外国人には通じず、結局、駅員にSuicaの買い方聞いてSuicaを買ってから、もう一方の香港人二人を山手線のホームまで連れていって……

まぁ向こうもよく分からない異国の地でテンパってたのかもしれないけど、せめて順番ってものは考えて欲しいわw
ホームまで連れて行く間に片言の英語で自分は香港から来た、日本に来たのは初めて、日本人はフレンドリーって言ってたけど、今になって思えば不機嫌そうな私に彼らなりに精一杯気を遣ってくれたのだろうか。

まぁ何はともあれ良い滞在になってくれればと思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。