2015/08/29 ドリバト(大激戦)

というわけで予告通り、今回のドリバトは遠征。

今回お邪魔させて頂いたのは



駐車場も広く、店内も明るくて綺麗。しかもゲームとゲームの感覚が広い上に、ゲーセンにありがちな爆音もなくて会話もしやすい神環境でした。
そんな中、エタナコーナーへと進むと既に4台のエタナに6,7人の人だかりがw
そして、今回お招き頂いたCyberさんを見つけてこんにちは☆
メールでのやり取りからも感じていたのですが、Cyberさんは予想通りのジェントルマンで優しそうな方でした。

それからみなさんにご挨拶させて頂いた後にウォーミングアップにとCyberさんに促されてワトンを一戦。
緊張しすぎて何着だったかすら覚えてないほどでしたが、飛んだことだけは覚えていますw
(Cyberさんのカードでバトル後にやったワトンもダメダメでゲージを下げちゃってすいませんでした。)

そうこうしているうちに15時が近付いてきたので、ホルダーチェック。エターナ、コール2が100枚以上、金霊が78枚の圧倒的ホルダーにビビっていると、10分前になり、メインモニターの表示が切り替わります。
砦は1467で私は軍師さんに左上の4に任命されました。

前回のバトルの後に遠征する事が決まって、その時にCyberさんのカードでプレーヤーとして参加させて頂く事も決まったわけですが、それからというもの何か粗相があってはいけないという一心で練習代わりのワトンに取り組んできました。その成果を見せる時が遂にきたわけです。
(というような前向きな気持ちよりもとにかくやらかさないようにという後ろ向きな気持ちの方が強かったですけどw)

※ここから先はまずはプレーヤーとしての私の感想を綴りたいと思います。
それとは別にメインモニターの動画をCyberさんが撮影してくれているので、そちらを見ながら全体の戦況について
は後日書きたいと思っています。

まず砦はカードをいつもよりやや多目、丁寧に拾って手堅くクリアするもそれでも勝ち。
そこから黄色LIMEを1つ取って、見えたDAMOCLESへ。結局3時間でこの城を一番多くやったんじゃないかと思います。
この城では若干遠慮もあってエターナ打つのを躊躇っていたところ、軍師さんから遠慮するくらいなら速くしろとダメ出しを喰らい、そこからはスイッチが入ってしまいました。私はコール2余らすくらいなら1階層でも多くMAPを使えっていう考えなので持ち込んだコールは基本的に余さず使いきるようにしてるんですよね。その結果、おそらく普通のプレーヤー以上にアイテム使ってしまったと思います。Cyberさん、本当にすいません……
で、そこからドルフィン、KITEと走ったところまでが中立で、そこから先が相手の城って感じだったと思います。

双方開幕から金霊を張り合う形で、戦況は開始40分で600vs600くらいとほぼ互角。赤は4つでこちらがPUMAを先攻めして霊有り以外、赤はお互い手を着けずといった状況でした。序盤は私の台はスロットがなかなか好調で枠こそ多くはないもののきちんと霊有りを引けている感じでした。
Cyberさんのカードは金霊がたくさんあるからという事で私の担当は重めの青になり、冒頭に書いたDAMOCLESに盛岡、ベローチェといったところがメインになりました。
この辺りの担当になるともう見せ場は剥がすところまでで、剥がしてからは鐘爆してエターナ打つだけの誰でもできる簡単なお仕事って感じになりますよねw
結果、3時間バトルやって全く危機的な場面は訪れず、精神的にはかなりゆとりを持ってプレーすることができました。(たぶん青で素手だったのはイージーオーブ中のベローチェだけだったと記憶しています。)

開始60分~90分くらい。
城内のプレー的には上記の通り、ゆとりのあるプレーはできていたものの戦況的には厳しい状況で300Pほどのビハインドとこの時間は相手の時間帯に。
こちらが相手のKITE(鐘だけ禁止ビショデーモン)に嵌まってしまったことに加えて、青担当の私とお隣の方が霊無しばかりを引いてしまったところがビハインドの原因だったと思います。
それから物量差も大きな要因でしたね。相手の城は悉く禁止+マンダなところ、こちらは忍者・チャリオと若干妥協していたので、その差もあったとは思います。(なぜかCyberさんのホルダーにはエビとどすこいがいなかったこともありw)
マンダが金と等価まで値下がりしたとはいえ、マンダばかり出てくる相手の気合には脱帽でした。

残り1時間。
相手のKITEにこちらが嵌まった分、こちらが金ビショマンダで返したKITEに相手も嵌まり戦況はほぼイーブンに。
お互いに誰がやってもKITEはlv8あったら嵌まるということなんでしょう。これはもう仕方がないことだと思います。
ちなみに私のやったKITEはプリ蛸しか出て来なかったので、とてもラッキーでしたw
中盤、霊無しばかりだったことの反動かこの時間帯から私もお隣も徐々に霊有り率が高くなっていき、ここから先はこちら側の時間帯に。
ややリードができてきた残り45分。相手が3つ残っていた中立赤を仕掛けだす。(相手黄色オーブ中の仕掛けだったために相手赤オーブではないことは分かっていました。)
この赤3が全て霊有りで返ってくるものの和歌山、CLOSE、RAVENと城的には簡単な部類でしかも隕霊が入っていませんでした。
残り40分過ぎに上記の城が霊有りで返ってきたのを確認するやいなや、こちらもひっくり返す作業を開始。私はCLOSEの担当でしたが、ホーミングを持って行けたこともあって10分程度でなんなくクリア。戦況にやや余裕もあったため無難に城変更はせずでしたが、しっかり霊有りを引けて、金3銀2輪2隕1と配置。このタイミングでこちらが赤入れている(+私は霊有りを引けた)あたりで、全体の戦況と合わせて優勢を確信。これはさすがに勝っただろうと思いました。
そして残り30分過ぎ、霊有りでもこの時間ならということで入った禁止ベローチェで隕石を解除して入りなおした2回目(だったと思う)で、ダメ押しの



いつ見ても、この赤い輝きはステキです。
周りが和歌山クリアしたばかり、RAVEN霊狩り中だったこともあり、若干待ってから取得。待ってる間にベローチェの金が狩れたので、赤オーブ取得からベローチェ5分で取って、そこから赤オーブ中に黄色挟めそうでしたけど、軍師の指示が間に合わなくても残り時間的に緑でいいとのことだったので、残り14分から江戸行って、そこが霊無しだったので、残り5分まで軍師の指示でロック。戦況的にもうだいぶ点差があったので最後は無難に黄色で〆て、2分余して終戦。(だったはず。正確には動画で確認ですねw)
この間にCLOSEやらオーブベローチェやらが防衛したので相手も相当てんぱっていたんだろうと感じました。

そして、結果発表



安心して結果発表を見る事ができ、ほっとしました。
(とはいえ、後から考えるとCLOSE落ちてたらもうどっちに転んでもおかしくなかった点差ですけど……)

そして、個人スコア



全体MAP



私にしては、出来すぎですが、使った物量を考えればもっとポイント取れよってところだと思います。

その後、みなさんと食事をご一緒させて頂いて、しかもCyberさんにご馳走までしてもらってから、閉店までワトンやったりお話したりしてお別れ。勝った後だったこともあって大いに話も弾みとっても楽しかったです。

そんな感じで太田の皆さまに一日お世話になって楽しい思い出がたくさんできた結果、それに比例してブログの字数も久々の長文となりましたw
Cyberさん、太田の皆さま、あたたかく迎えて頂いて本当にありがとうございました!!

最後に覚えている限りで個人的な反省ポイントを挙げると

・CLOSEで鐘10持ち込みをやらかした上にグレソ2本呼んでしまったところ
・階段部屋でガーディアンと敵8体くらいに囲まれた時に、どうやって捌こうかに集中しすぎて後ろに言われるまで青オーブが部屋の隅っこにあることに気付いていなかったところ
・残り28分くらいで離したCLOSEが一旦防衛して、再度貼り直しした残り15分のタイミング。もともと貼っていたのが金3銀2輪2隕1だったのが確か金1銀1輪1隕1になっていたところで元と同じ割合で再配置したんですけど、ここはガーディアン貼った方が良かったですね。相手が再度勝負にくるとしたら、一発クリアの勝負にくるしかない戦況・時間帯でしたのでモンカ霊貼ってもいいくらいでした。
・最後の〆のタイミングで江戸ロックから黄色に行くのに、相手が全員動き出したのを確認して5分で離して黄色行った結果、結局江戸が落とされたこと。(どうせ黄色行くならもう少しロックしてても良かった)

こんなところですね。まぁあとはミスに気が付いていないだけなんでしょうけど。
あとはCyberさんがUPしてくれるはずのメインモニター動画を見ながら振り返りたいと思います。少しだけ予告すると、今回の軍師さんの戦略は私の今までの考え方とは(どちらが良いとかは抜きにして)根本的に違うものだったと感じました。今回のバトル(というよりも全てのバトル)の勝因の一つが戦略にあることは間違いないので、そのあたりの戦略について振り返って、私の引きだしに追加させてもらいたいと思っています。
それでは考察は次回の更新で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

バトルお疲れ様でした(ノ´∀`*)
役に立たないサポートボタン係です(笑)
後ろで見てましたが特にピンチな場面もなく、終始安定のプレイでしたね😃
また機会があったら遊びに来てください(*´∀`)

シーさん

何気にサポート押そうとすると左手をレバーから離さないといけないのでサポート係も重要だと思う名前はまだないでしたw

コメントありがとうございます。なんとか安定してやらかす事なく終われたのでほっとしている反面、後ろで見ていた方々にどう思われていたかと考えるとびくびくしてしまいますw
霊狩りとかあれだけこのブログでプッシュしたわりには、後で所要時間確認するとそこまで速くなかったですし……

とはいえ、とても楽しかったですので、また機会を見つけてお邪魔したいと思います。本当にありがとうございました。