メインモニター動画を視聴して

覇王改め敗北王さんの王国の敗戦動画をざっと視聴しました。(そろそろ怒られるw)

YAHOOエタナブログ界が荒れぎみ、停滞ぎみな中でも、こうした動画を撮影してUpしてしまうくらいこのゲームに想いを持ったプレーヤー(仲間)がいることが分かってとても嬉しく思いました。
こういった方とは、是非、動画の上映会をしながらお酒でも飲んで、熱く語り合いたいですねw

という訳で、僭越ながら私目線にはなりますが、少しばかり感想を書いてみたいと思います。
開幕の注目ポイントは左下のroughに入るか、視界優先で黄色に行くのかくらいでしょうか?ここの選択が両者の戦略を象徴していたように思いました。
あとは感想というよりも自分だったらこうするかなってところになりますが、やっぱ目につくのは赤オーブ中の選択ですね。
まずは、覇王さん王国の先制赤オーブ。
リアルが良い位置にあったので、そこに行きたいところでしたが、城としてはリアルは微妙な城なのが悩ましいところでしたね。あと、同じく良い位置にあったストリームはどうせ赤オーブ直後に行くなら赤オーブ中に行くべきかなぁと感じました。オイスターもまぁ視界の要と言えばそうなのでほんと微妙なところではありますけど、個人的には中立城の方がより確実っていうのも込みで4:6くらいでストリーム優先かなってところです。
逆の理由で撮影者さん側に目線なら赤オーブ取られた時点でストリームは入るべき優先度の高い城だったというのは撮影者さんの反省に書かれていた通りだと思いました。
あと気になったのは残り2分のキャロットは攻めすぎかな?ってところで、自分なら手堅くイージーの方を指示してましたね。ついでに言えば残り90秒グラスは私ならさすがに諦めるかもしれません。
逆に赤オーブ中のスチームとかは良い選択ですよね。レベルがいくつだったのか気になりましたが、上の方ならなかなかやっかいなことになりそうです。
赤オーブ以外のところだと、伏見→ピーチとか、パーム→イーグレットとか変えちゃいけない城変更で少し覇王さんの王国は損したように見えましたね。
まぁ、覇王さんの王国は人数かつかつで後ろのフォローがないのが辛いところでしたね。軍師がいれば、上に書いたようなことはカバーできたと思いますし、そうすれば覇王さんの王国の実力からすればもっと接戦、逆転まであったかもしれませんね。(まぁ人が足りないのは仕方ないことですがw)

んで、続けてもう一本アップされていたのは、時間の関係で後半戦だけ視聴しました。
やっぱ後半戦の方が見ててもテンション上がりますね。
後半戦は残り70分で撮影者さんの店舗が300~400点ほどのビハインドの場面から始まってました。この時点で赤城は撮影者さんの店舗が禁止有りを1つ保有、中立2つ残り。但し、霊無しの重めの青城を撮影者さんの店舗は多数残しており、戦況的には撮影者さんの店舗を持ちたい感じでした。
で、そこから相手国に赤オーブ、青オーブの連打があり、耐える展開なものの点差はほぼ変わらず。これは勝てるときのパターンかな?なんて思って見てました。
で、個人的な感想としてはターニングポイントは残り30分のところでしたが、その前に残り40分から思っていたことを書きます。
それは
撮影者さんの店舗から見たら、点差的に相手国に中立赤城入られたらほぼ負け、だからいつ入るんだろうか?
逆に、相手国から見たら中立赤城入って霊有りならほぼ勝ち、霊無しでも相手に中立状態で入られることを考えれば損はしない。だからいつ入るのかなぁ?
ということでした。個人的にはこの駆け引きにかなりハラハラしながら視聴していましたw

で、残り30分になりました。撮影者さんの店舗は霊無し青城が多数残っている状態で、逆に相手国は青城は残ってない状態。となると相手国の立場で見れば〆が中立赤城になる訳なので、ここで撮影者さんの店舗が赤城を先攻めしていれば、相手国には〆用の城がほぼ無くなっていたのではないかと。(もちろん霊無しなら〆に返されますけど、それでも中立状態なら確実に攻められることを考えれば同じことです。)
ここが軍師目線で言えば、勝敗の別れ道だったかなぁと思いました。
結果、残り10分前後で攻められる青城が残らなくなってしまったことと赤城2つが相手国保有で終わることが確定してしまったことで、勝負が決してしまったと感じました。

まぁ後から冷静な状態で振り返って見ればなんとでも言えるというのはありますので、偉そうに書いてしまいましたが、ご容赦頂ければと思います。

撮影者さんの店舗は後ろにもちゃんと人がいて、雰囲気も盛り上がっているようで羨ましいですね。私もそんなバトルがやりたいですw




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです