2015/3/4 ドリバト

今日は前前回、金銀ビショマンダガチばりで物量の違いを見せつけられた店舗と、前回スピードの違いで圧倒されけちょんけちょんにされた店舗が対戦するということで、にゃむさんの王国にバトルを見学に伺いました。

到着して様子を窺うと早速にゃむさんを発見。こんにちはをして、とりあえずカードを作りクエストを進行。
途中にゃむさんにラーメンをご馳走になったり(ありがとうございました!)、ミリアさんの打ってたパチンコがすごい当たってますね、なんて話をしていたらあっという間に17時に。
その頃になるとバトメンの方々が続々と集まってきたので、とりあえず全員の方と一言でもお話させてもらいたいと思い、皆様の会話に勝手に混じらせて頂く事に。
後から思えば、名前がないので名乗るタイミングもありませんでしたが、皆様フレンドリーに接して頂き(そう思っていたのは私だけでこいつ誰だよ?って思われていたかもしれませんがw)とても雰囲気の良い店舗だなぁと感じました。もうホームにしたいくらいです!(にゃむさんには嫌がられるかもしれませんがw)

そして、18時、勢いよく燃えだすセンターモニターの5つの砦。どうやら8vs8。前評判通りガチの様相です。
砦は勝ったり負けたりでイーブンな出だしから、こちらは緑中心、相手はやはり物量に自信ありと見え青先攻めの方針のようでした。

開始16分で取得した金オーブの力もあって青を先攻めした相手と互角の点数状況で序盤戦は推移。序盤戦は相手の青城の霊有り率が100%の勢いで禁止城ばかりの苦しい展開。それでも点数的には互角からやや優勢よりでしたので、このあたりは皆様さすがのスピードといった感じでした。

そして勝負が動いたのが開始35分。戦況は725vs660のところでこちらが赤オーブを発見。5台が最上階付近にいたのでロスタイムも少なく合わせることに成功。
TIDE/OTTER/ROUGH等の赤オーブだときつい緑と中立城を中心に築城することに。8台あると、赤オーブ待機中に次に入る城を全員に割り振るのも大変ですねw

しかし、この赤オーブが終わるか終わらないかのタイミングで相手も青オーブを発動。最悪のタイミングでこちらの赤オーブを帳消しにされ、開始70分の時点で1105vs980と結局ほとんど差のない戦況。(ちなみにこちらはこの間に金オーブを取得)

残り90分。点差は200~400点リードをいったりきたりといったところ。(赤城の攻防も残っているし、相手が赤オーブ待機引けば逆転の可能性も十分あるものの)この辺りで油断なく進めていけば勝てるだろうと勝利を確信。
というのも相手青がほぼ禁止だった前半と比較して、点差こそあまり開いていないものの、この時間帯ではこちらが相手霊無しの赤を1つ、青を5つ、緑を1つ確保できていたからです。逆にこちらの青は全く相手に残されていないので実質的には点差以上のリードがある状態でした。
というわけで、こちらが締めに残している城440P分を除いての事実上のもぐら叩き状態に突入。
こうなると締め用の城をキープしつつ、各プレーヤーに待ち時間が生じないように交通整理をしていくのが後ろの役目。センターモニターに落城が表示されるのをチェックしつつ、最上階にいるプレーヤーが誰なのかと各プレーヤーの動向に目を光らせますが……見えていない部分も結構ありましたねw後ろにいる以上何か役に立たねばと思いましたが、抜けもあって申し訳ありませんでした。
とはいえ、皆様百戦錬磨の店舗ですので本当は後ろの交通整理など不要だったのでしょうね。(ということで役立たずを許して下さいw)
8stって6stと比較して2台しか違わないのにその2台の差がかなり大きく感じました。(後ろで見ていた方の一人が端の方が終わりそうなタイミングを教えてくれたりとご協力も頂いたのですがそれでも……)

こちら紫、相手緑オーブを挟んで残り70分で瞬間的には1125vs960になるものの、行く城がなくなってきて、締め用の城も攻略を始めた残り60分では1385vs700という戦況。
後で知ったことではありますが、相手に1台エラーがあり8vs7になったこともあってこの時間帯で点差は開き、一方的な展開に。
ここで相手も最後の勝負で赤城3つの攻略を開始するも、全て霊無しだったとのこと。それを見ての相手投了で残り50分の時点でセンターモニターから相手の姿が消えていきました。

というわけで結果は中押し勝ち。
感想を一言で言うならば、「これぞ横綱相撲」という勝ち方だったと思います。
勿論平日水曜のバトル。相手もベストメンバーではなかったかと思いますし、エラーというどうしようもない不運もありました。しかし、それを差し引いても、序盤相手に青城を先攻めされながらも互角以上の進行で進められた点、中盤は黄色、緑を制圧しつつ締城を徐々に増やし、優勢となってなお隙を見せない戦いぶりは磐石という言葉がぴったりの戦いぶりだったと思います。

その後、恒例の反省会にお邪魔するも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもの。終電の時間になってしまいお先に失礼させて頂きました。今度はもう少しゆっくりできる土曜日に伺いたいと思います。

というわけで長くなりましたけど、皆様お世話になりました。とっても楽しかったです。
お別れの時にも言いましたが、そろそろ旧マイホと当たると思いますので、その時には是非また遊びに行かせて下さい。

最後になりますが、本当に熱い素晴らしい戦いだったと思います。両店舗の皆様お疲れさまでした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

名前は無いのかアルのか?

「勢いよく燃えだすセンターモニターの5つの砦」って書き方が良いですね。バトル開始のワクワク感、ガチ具合がよく出ているように感じました(*^^*)
相手さんの情報も伺っていただけに状況がよく分かり非常に参考になります。大体は予想していた展開ではありますが、赤オーブに被せての青オーブも待機してタイミングを上手く合わせていた感もありますね…恐ろしい。

いきなり後ろで動いちゃう辺りは流石ですね(*^^*)自分ならじーっと見ているか付箋つけるかぐらいしかできませぬ(笑)

解説ありがとうございました。次回はぜひ現地にて(おい)

ろかさん

お褒めの言葉を頂き大変恐縮でございます。
名前のくだりとか細かいところに気付いてもらえて、文章を書く方としては非常に嬉しく思います。

岡山にいらした際にはお会いできませんでしたからね。お会いできる日を楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます