死神ダブルとマンダの単モンはどちらが強いか?(考え方編)

ゴンザレスさんにご質問頂いたテーマ……を勝手に少し変えさせて頂いたタイトルが今回のテーマです。

まずは直感的に皆様どう思いますか?
使い分けてる方もいると思いますけど、基準は何ですか?

……

城による、枠による
そう答える方も多いのではないでしょうかw

という訳でそのあたりを今回は考察してみたいと思います。(正解にたどり着けた感は全くないですがw)

まず大前提として、ガーディアンを何のために配置するのか?
答えは
防衛=相手プレーヤーを死亡させる為
あるいは
時間稼ぎ=少しでも相手プレーヤーの攻略速度を遅くする為
です。
いずれを狙うのかは城と枠によるわけですが、その目的に対してどの程度役立つかで死神ダブルとマンダの単モンの優劣を評価していきます。

まず始めに考えられるガーディアンとプレーヤーの絡み方を書いてみます。

1,Gが動いていて、出会わない
2,Gが動いていて、出会うが逃げ切れる
3,Gが動いていて、出会う、且つ、倒さないと先に進めない
4,Gが階段の上にいて、戦わずに逃げられる
5,Gが階段の上にいて、倒さないと先に進めない

それに対して、前述の目的にガーディアンがどの程度貢献できそうかを大雑把に評価してみます。

戦って倒さないと先に進めない場合を100点とした場合の評価

1, 0点
2, 30点
3, 100点
4, 20点
5, 100 点

まぁ仮にこんなものだとしましょう。

次に、1~5までのパターンがどのくらいの確率で出現するのかを評価していきます。死神1体をイメージして下さい。

1, 20%
2, 20%
3, 20%
4, 20%
5, 20%

だと仮に考えてみます。

そうすると死神1体が目的に対してどの程度役立つかの期待値は

0×20%+30×20%+100×20%+20×20%+100×20%=50

になります。死神のダブルだったら期待値は倍と考えてください。

次にマンダをイメージしてください。
マンダは掴まれたら逃げられないので、1~5のパターンの出現率が死神とは違ってきます。仮に

1, 20%
2, 0%
3, 40%
4, 0%
5, 40%

とすると、期待値は80になりますね。

まとめると50×2=100の死神ダブルと80のマンダ単モンでは死神の方が優秀ということになります。

ここまでの考え方はご理解頂けてますでしょうか?
一旦ここで区切りまして、次回は今回「仮に」としていた数字の部分を枠と城の特徴ごとに掘り下げて結論を出したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今なら3×3の部屋に階段があったとして、そこに死神wがいたら…って考えるとなかなか厄介ですよね~(トレハン)

上記の場合、死神wならなんとか食らい逃げで登れる(沸きモンスもいたら更に…)けど、単マンダなら戦わざるを得ない…

その場合その場合でモンスの価値が変わってきて、難しい考察ですね…(^-^;

続きが気になります(`・ω・´)!

ゴンザレスさん

続きが遅くなって申し訳ないです。

3×3の部屋の話はまさにそうですね。続きの記事(フロアが狭い城の場合)にも勿論反映されています。
今回の記事は個人的には数学的にというのを1つのテーマにしています。
皆が感覚的に考えていることを数値化して裏付けを取って、結論こうすべきみたいな指標が立てられたらいいなと。
続きも期待外れにならないように頑張ります‼