答が年齢にあったとはねw

タイトルはやや冗談ですが、モバの日記を見ていて永年の疑問がひとつスッキリしました。

疑問
ドリバトで隣国は赤城を先攻めしない、自国は好んで赤城の先攻めする
何故か?

その昔(2013/07/08)先攻めするか否かの基準は中立城を攻略するのとG有り城を攻略するのに2倍の時間がかかるか否かだという記事を書いたことがありました。
自国のメンバーのアームも考慮して、その基準で計算した結果、私の采配は赤城先攻め指示が多いだと思います。
実際、隣国とのバトルでは緑の取り合いは分がないと判断して、相手が普段やらない部分で勝負ということでひたすら赤の取り合いをする作戦で戦ったこともありました。

私の中では最善と思ってやってることを他の国でやってないのは何故か?赤城先攻めはやっぱり損なの?とも思ってましたが、モバの日記によると答はメンバー構成ってことのようですね。

相手が苦手で自国が得意なフィールドで戦いましょう!っていうのはどんな戦いでも当たり前の考え方で、それを自然とやった結果が作戦の違いに出るってことでしょうか。
となると、相手国の得意不得意を把握していないと最善手は導き出せないわけですから、なかなか奥が深くなりそうですね。

レベルに差はあれど、平均年齢高くてワトンプレーヤーのいない自国が、同じようなメンバー構成の国と同じような戦略を好むようになるのは必然ということなのかもしれません。自国の戦略もオリジナリティ高いと思ってましたが、考えることは皆同じみたいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント